台湾旅行記
台湾旅行記・台湾紀行:台湾観光・グルメ・遊ぶ

 高雄を行く、海鮮料理「鳳姐」を行く|2005/04/30

2005年4月30日:高雄の接骨院へ行く

台湾風うどん

接骨院

謝清風老師

大腸包香腸

10:00に起床。パンと牛乳で遅めの朝食。今日はノンビリ過ごすことにする。
12:30頃に昼食。義母が作ってくれた台湾風うどんと、食後のデザートに今年初めてのスイカを食べる。散歩に行こうと思ったが暑いので夕方からにしよう。今の時期の高雄は本当に暑い。兄がを買ってきた大腸包香腸を食べる。テレビを見ながら眠ってしまった。夜、接骨院へ行く。一年前は、五十肩を直してもらったが、今回は、腰を直してもらうつもりである。

2005年5月1日    

高雄は相変わらず暑い。日中はとても外出する気になれず、テレビを見ながら過ごす。昼も夜も義母の手料理をいただく。夜、近くの中正文化センターへ行ってジョギング(早歩き)した。

昼食のメニュー。海鮮グッパ

青草氷 寒天に似た デザートです

夕食のメニュー。

白菜、椎茸、筍、高麗菜、魚のとろみスープ

紅焼魚

牡蠣と青海苔のスープール

ブロッコリ炒め

2005年5月2日:高雄の海鮮料理「鳳姐」を行く

食材を選んでいる妻

食材

うつぼ

刺身

朝昼兼用の昼食を取る。日本蕎麦。大根おろしでいただく。以前、この食べ方を伝授したところ、この食べ方がここでは定着してしまった。義弟夫婦が子供を連れて遊びに来たので一緒に出かけることにする。デパートをウィンドショッピング。特に、買うものもない。「ダイソー」を見つけ、中に入る。台湾の「ダイソー」もショッピングセンターの中にあった。ここでは100円shopでなく、100元(約330円)shopである。品物をいろいろ見てみるが、殆ど中国製であった。日本製は見つけられなかった。日本よりはお客も少なく、どちらかと言うと閑散としている。夜は家族と友人らと海鮮「鳳姐」を食べに行った。とても旨かった。